yorozu_goto

そんな店主のひとりごと

2007年08月

KIKKAWA KOJI LIVE 2007 CLUB JUNGLE TOUR "TARZAN!" FINAL

昨日、2007年8月18日。
行ってきました、吉川のツアーファイナル!!!
同行メンバーはブログで知り合った、
スノーさん・Ryuheiくん・Ryuheiくんのお友だちのKojiくん・ムーミンさん。

LIVE前に、オレのバンドのギタリスト・スガちゃんも合流。
まずは神田のゼマティス・ミュージアムさんへ。
手作りの一本ウン百万円の美しいギターがズラリと並んでいて、
ギター弾けないオレでもウットリしちゃうぐらいだった。
Charの写真も飾ってあったよ!
オレは朝方少々トラブルがあって遅れながらも無事皆さんと初対面。
皆さん気さくで温かい人たち。
緊張するかな?いやいや、ずっと前からの知り合いみたいに和やかな雰囲気。

そこから、スガが手配してくれた食事の場所、御茶ノ水のトラットリア レモンさんヘ。
美味しいイタリアン料理に会話も弾んだ。
その後はギターショップで眺めたり、試し弾きしたり。
Ryuheiくんとスガが交互に弾いてくれたけど、二人ともブルースが根本にあるというか、
共通するものが感じられてとても興味深かった。
イイ意味で互いに刺激になったのでは?と、傍観者(笑)は思う。
再びお茶をした後、駅前でスガとは別れる。
いろいろありがとね、スガがいてくれて場もより一層盛り上がったよ!

そして!いよいよ両国国技館へと。
相撲も見たことないから中はどんな感じかな?だった。
吉川がMCで言ってたように「武道館をギュッとコンパクトにした」感じかな。
スノーさんと話したけど音響面は非常に良かったと思う。
ただ、両サイドが視覚的にかわいそうかな?。
その分吉川は頻繁にサイドのお客さん前でパフォーマンスしてたね。

この日(8月18日)は吉川の42歳の誕生日。
(バースデーケーキとかの演出は無かった)
いやぁ、やっぱりカッコイイわ。
有無を言わさぬ存在感で、最初からグイグイ引っぱってくれる。
くだけたMCもイイ。でも歌ってるときのカレのオーラはホントにスゴイ。
途中マイクが数回落ちたり(ボコッ!って)アクシデントもあったけど、
それすらも余裕に変えてしまうあたりもサスガだな?。
カッコ良さに惚れ惚れし、バラードでグッときて、MCで笑わせる。
師匠!(笑)一生ついていきますぜ!!!
ツインギターの良さを十分に発揮した曲も多くて大満足。
大人の、でも相当やんちゃなLIVEの夜はあっという間に終了した。
個人的には何故か「BOY'S LIFE」にウルウル(出たっ)
老け込まずにこれからもバリバリ全開モードで突っ走るぜ!的なところが、
来月いよいよ大台(?)に乗る自分にダイレクトにきたからかもしれない。

夕飯を皆で食べて解散、ホントに楽しい一日だった。
スノーさん、Ryuheiくん、Kojiくん、ムーミンさん、スガちゃん、そして吉川晃司!
皆に感謝します。

元気をいっぱいもらったからね!!!

夜、Nくんとラブコール中(おえっ)のときだった。

カレが「今度ジェイク・シマブクロ見に行くんだ~」と。

…ん?ジェイク???

あ~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!

今日、21:00からスカパーでCharとジェイクの番組があったんだ!
慌ててTVのスイッチを。もう30分は経過していた。
Nくんとの電話を速攻で終え、音量UPで続きから見た。

ジェイク&Char-1ジェイク&Char-2

実はジェイクの演奏する映像を見るのは初だった。
この番組はCharがホスト役で毎回内外の有名ギタリストをゲストに呼び、セッションやトークで盛り上がる!
で、今回はCharたっての希望でジェイクの登場となったわけだ。

ジェイク&Char-3

今回感じたのは演奏の凄さは勿論のこと、その穏やかな人柄。
終始笑顔を絶やさず、先輩であるCharを立て、尚且つ自分もしっかりアピールする。
そんなジェイクにCharも夢中(笑)、ずっとニコニコ顔だった。
20歳以上歳が離れていても通い合うものがあったんだろうね。

Charが「ビートルズ、好き?」と訊いて二人が即興で始めたのが「Something」
Charがジェイクにコードを教えてもらったりと微笑ましいが、さすがプロの二人。
見事、この名曲を自分たちの世界で弾いていた。
本当は映像と音で紹介したいんだけど…如何せん録画できなかったもんで(涙)
再放送を待ちます、ハイ。

さて、明日ジェイクのニューアルバム「My Life」ゲットしちゃおうかな~♪

ハマリそうな予感。

↑このページのトップヘ