yorozu_goto

そんな店主のひとりごと

2007年12月

2007年8月19日(日)
@フルーツパーク富士屋ホテル
A Midsummer Night's Live Jazz MAYA with Piano trio

2007.08.19

…からの一枚。

8月のLIVEの記事を今頃何故?という疑問はさて措き(措くんかいっ)
いや、実はこのディナーショーに同行した会社の先輩(いつもJazz Barに呑みに行く方ね)から写真を頂いたので。
この写真の左端、ピアノを弾いている方が以前記事でも紹介したマスターなのです。
先日も友人を数名連れて行き、美しいピアノ演奏と美味しいお酒をご馳走になりました♪
この日の演奏も「素敵!」の一言。
ボーカルのMAYAちゃんをしっかりサポートしていましたよ。

MAYA

直筆サインCD!!!握手付き!!!(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




1.プロローグ~男と女
2.デスティネーション・ムーン
3.キッス・オブ・ファイヤー
4.オー・ユー・クレイジー・ムーン
5.マイアミ・ビーチ・ルンバ
6.アドロ
7.アイ・フィール・ジ・アース・ムーヴ
8.ファンタジア
9.恋の女のストーリー
10.ユー・アー・マイ・エヴリシング
11.ブルバード・オブ・ブロークン・ドリームス
12.バナネイラ
13.砂に消えた涙
14.エピローグ~男と女


MAYA
2004年メジャー・デビューのJAZZ&LATIN ボーカリスト。
の、2006年発売のアルバム。

JAZZを基本にジャンル、言葉(スペイン語、ポルトガル語、英語、中国語、イタリア語、フランス語)、
スタイルに捕らわれないオリジナリティー溢れる世界が各方面で高く評価されている。
またLIVEで魅せる不思議な声色、エキゾティックな雰囲気、インパクトのある存在感が聴衆を魅了。
アルバム「Maya」スイングジャーナル誌選定「ゴールドディスク」受賞。



Ah 旅立ちの唄
さぁ どこへ行こう? また どこかで出会えるね Ah
とりあえず「さようなら」
自分が誰か分からなくなるとき君に語りかけるよ
でも もし聞こえていたって返事はいらないから…


命 人生 運命 家族
そんなことを考えさせられる一日だった。

今夜はこの曲と共に眠ろう。

↑このページのトップヘ