yorozu_goto

そんな店主のひとりごと

2011年02月

Still Got the Blues
Still Got the Blues

1. Moving On
2. Oh Pretty Woman
3. Walking By Myself
4. Still Got The Blues
5. Texas Strut
6. Too Tired
7. King Of The Blues
8. As The Years Go Passing By
9. Midnight Blues
10. That Kind Of Woman
11. All Your Love
12. Stop Messin' Around


Gary Moore
1990年発売のブルース・アルバム。
オレが買った、唯一の彼のソロアルバム。

高校時代のバンドのギタリストが大好きで、よく聴かされた。
大学のバンドサークルにも、彼を崇拝するギタリストがいた。
でも、オレは何となくハマれずにいたんだ。

その後、シン・リジィを聴き始め、彼が参加しているアルバムを聴いた。
そして、このアルバムを聴いて、素直にかっこいいと思った。
一度だけ、仲間たちとスタジオで2の「Oh Pretty Woman」を演った。
それまでブルースを歌ったことがないオレが「あー、キモチイイなぁ」と感じた。
ある意味、オレにブルースを聴き易くおしえてくれた一枚だったのかもしれない。


昨日、2011年2月6日、彼は58歳の生涯を閉じた。
今、久々にこのアルバムを聴いている。



彼はもうこの世には居ない。
でも彼の音は残る。永遠に。

合掌。

15年。

この間にたくさんのメンバーとの出会い、別れもあった。
中には、音信不通の人もいる。
考え方の違いから苦渋の決断でお断りした人もいる。
どうしてもコチラの思いが上手く伝えられず、傷つけてしまった人もいる。
顔を合わせても避けられたり、そっけない態度をとられる人もいる。

…でも皆、かけがえのない大事なメンバー。
「きれいごと」と言われるかもだが、オレはそう思う。思いたい。

バンドは音を楽しむ集合体。
でもその基本には「人と人とのつながり」がある。
現状としてつながってはいなくとも、かつて確実に貴重な時間を共有した間柄。

今の萬屋があるのは、そうした積み重ねがあるからこそ。
直接伝えることは難しいので、此処でひとことだけ。

「ありがとう」

↑このページのトップヘ