yorozu_goto

そんな店主のひとりごと

2011年04月

一昨日のこと。
ネットのトピックを見て、一瞬目を疑った。
そして、驚き感動したのが…

2011年7月30日(土)、COMPLEX 東京ドーム公演が決定
収益はすべて被災地の復旧・復興のために寄付される、と。

201104301430544dc.jpg

COMPLEXとは、言わずと知れた吉川晃司・布袋寅泰のユニット。
21年前、わずか2年間の活動の後休止した伝説の二人組だ。
21年という年月。通常ならもう忘れ去られてもおかしくない。
でも、ファンの中には「いつかきっと」と願っていた人も少なくないはずだ。

吉川ファンと布袋ファン。
その両方に、今回の決断に対して微妙な思いを持つ方々もいるだろう。
それは当然のことであり、その気持ちも十分理解できる。
事実活動休止後は話題に出ることも次第に減っていた。
それだけ、その後の二人は休むことなくROCK界の一線を走り続けていたから。
二人が組むことにもう拘らなくともいいではないか?と。

でも、オレはこの二人だからこそ生まれる音をもっと聴きたかった。
この二人だからこそ生まれるパフォーマンスをもっと見たかった。
そのためには何年でも何十年でも待とうとさえ。

2011.3.11。未曾有の大震災。
日本国中が意気消沈する中で、交わされた固い握手。
本音を言えば、音楽的に「そろそろやるかい?」であってほしかった。
だが、こんな非常時だからこそ集まる意義があることも確かだ。
過去の確執や、大人の事情をも吹き飛ばす「人と人の絆」


吉川氏が公式サイトでメッセージを。
堂々と転載するのもどうかとは思うが、部分引用では全てが伝わらないと思うので。

俺が歌う。         2011.4.28

震災以来俺なりに、
エンターテイメントが力になれる機を伺っていました。

被災を免れた人々とは、ともに復興を支える決意を交せるような。
被災者の皆さんへは援助を届けられる行為を。
それをやれる空間と策を模索しながら。

いつかコンプレックスをやろうと話したこともあり、
ならば今しかないだろうと布袋氏に打診。
いまは諸々整理がつかないが、旨には賛同するゆえ独りで歌ってくれて
構わない、という返答を得た。

演奏メンバー、スタッフや機材の確保見込みが付いたのが今月中旬半ば。
さあ発表するぞ!の直前。
「やはり意義を優先したい、是非ともやろう」
と連絡があった。

ならば、それが一番じゃないか。
翌日に合意。

そこからはひたすらに突き進み、今日の発表となりました。


彼がギターを弾き、俺が歌う。

ただそれだけのこと。


されどそれだけのこと。


賛同を得られるならば、

同志の皆さん 東京ドームで逢おう!


音楽仲間さんからありがたくもお声をかけていただき、
もしかしたらチケットを入手できるかもしれない。

7月30日。「日本一心」
会場である東京ドームに行くことができても、できなくても。
この二人が共に音を奏でる瞬間を、心から誇りに思うだろう。

先週の土曜日のことを。

萬屋非常勤Vo・YUKIちゃんと野音へ。
Charのライブ、最高だったんだけど長い時間雨に打たれてね。
冷えたカラダで「これはラーメンでしょー!?」と。

で、ライブ後に新宿のYUKIちゃんオススメのお店へ。
頼んだのは味噌ラーメン(大盛り)

味噌ラーメン110423

美味かった!あったまった!
最近はいろいろ凝ってトッピングだらけのお店が多い中、
コチラのラーメンはシンプル。
でも肝心のお味はしっかり、確かなもので。
あ、普通盛りと大盛りの値段が一緒ってーのもいいね♪

翌日、バンドの練習を控えていたオレ。
YUKIちゃんとはここでお別れし、メンバーであるsimちゃん宅へ。
数日前に伝えてはあったが、それでもいきなりの訪問・お泊りではある。
にも関わらず、奥さまとお子さん、皆さんよくしてくださって。
楽しいお酒をいただきながら、会話もはずんだ。

翌朝(昼か?)simちゃん自らフライパンを握り、炒飯を作ってくれた。
画像はないけど、これがまた美味いんだよー!
普通、家で炊いたご飯で作るとべちゃっとなりがちじゃない?
それが適度にパラッとしていて、味付けもくどくなく。
あっという間に完食。お子さんたちも美味しそうに食べていたね。

おかげさまで、日曜のスタジオは楽しく終えることが。
二日間、楽しかった!
YUKIちゃん、simちゃん、バンドのみんな、
そして気持よく送り出してくれた家族に感謝。
ありがとう♪

前川清さんが歌い出しそうなタイトルですが(笑)

先週の土曜、雨の日比谷野外大音楽堂で、Charのライブに参戦。
TRADROCK “Char” by Char
昨年、連続して発売されたカバーアルバムからの選曲を中心としたツアー。

同行したのは我がバンド萬屋の非常勤Vo、YUKIちゃん。
この日は朝から雨模様。
ちゃーちゃんのライブ、これまでも雨が多かった。
野音でも何回降られたことだろう。
それでもCharのプレイ観たさに大勢のお客さんで満席。
立ち見の方々もいたね。(お子さん連れも多かった!)

メンバーはベースに澤田浩史、ドラムに古田たかし。ゲストに息子のJesse。
最初は三人座ってアコギタイム。
「Charのコピーバンドなんですよ」といつものギャグで笑わせる。
一旦退場し、あらためて本番開始。
最初小雨程度だった雨も次第に本降りになり、時折激しく降る。
雨合羽を着てはいても、思わず下を向いてしまうほど。
身体の冷えが尋常ではなくなってきたところでYUKIちゃんと相談。
アンコール1発目の「Wild Thing」をバックに会場を後にした。

環境としてはキツかったが、バンドの演奏は最高だった。
個人的には1st収録曲の「I've Tried」が特によかったなぁ。
レゲエ調で始まり、終盤で原曲のスローテンポに戻るあたりが鳥肌。
他アーティストのカバーであれ、セルフカバーであれ、
「そうきたかっ!」と思わせてナンボだと思うんだよね。
その点でも、Charのセンスは抜群なのです。

Tシャツ一枚のChar。
「これが50代後半か?」と思えるほどのパワー、スタミナ、かっこよさ。
相変わらず、この人はすごいわ。うん。
YUKIちゃんもビックリしていたもんね。
次回は是非、ホールでのライブにご一緒しましょ!

では某所から勝手に(笑)転載のセトリを。

(Char本人によるコピーバンドとしての前座)
Scooter
Balcony
Restaurant
Shinin' You Shinin' Day

(本編)
Purple Haze ~ Manic Depression
Two Thousand Pound Bee Part II
Slaughter On 10th Avenue
Caravan
Sunshine Of Your Love ? Badge

Bamboo joints(w/t Jesse)
Good times Bad times(w/t Jesse)
Your time's gonna come(w/t Jesse)
Thank You
White Room
Wasted
Get High
Smoky
You're Like A Doll Baby
Zig Zag Zone

I've Tried
Song In My Heart
Angel
Help
Ticket To Ride
Superstition ~ Black Cat moan ~ からまわり

(アンコール)
Wild Thing
Hey Joe
空模様のかげんが悪くなる前に
Smoky
(アンコール2)
Wondering Again
Apple Juice

↑このページのトップヘ