yorozu_goto

そんな店主のひとりごと

2011年05月

2月から、7月のライブに向けての練習を重ねてきた。
その間、新規女性ボーカルさんの募集活動も。
メン募サイトで複数の方と諸々打ち合わせをし、リハで顔合わせ。
…する予定だったが、何れも直前にキャンセル。
夫々事情があるのだろうが、ショックは隠せず。
縁がなかった、ということか。

7月まで間がないので、今回もYUKIちゃんに数曲参加依頼。
自身のバンドでも忙しいのに、快く引き受けてくれた(感謝感謝)
それでも、オレのメインボーカル曲がほとんどのライブ。
ずっと女性ボーカルさんとツイン形式だったので、不安もあり。
オレ一人の歌で皆に楽しんでもらえるだろうか?とかね。
ウチの主催興行でもあるので、そっちの心配もあり。
ま、何とかなるさっの精神でー。

で、昨日は月に一度の練習日だった。
30分前に到着、メンバーを迎える形。
一人一人、スタジオロビーに現れるメンバーの顔を見ながら、
何となくホッとするオレ。
特に何に対して、とかではなく。自然な感じ。

現在のメンバーと始めたのは3年前。
リハ後の呑みの席でも、「もう3年?まだ3年?」なんて話が出た。
今年は1月、7月、そして秋冬にもう一回はライブをやる予定の萬屋。
(いや、実は6月にもやるんだけどね・笑)
これまでは大体一年に一回、のんびりペースだった。
それでも中身の濃い3年だった、と思う。

あるメンバーさんが「店主一人いれば萬屋なんだよ」って。
うん、それはとても嬉しい言葉。
でもね、やっぱり皆が居てくれての萬屋だと。
オレ一人だったら、とてもステージに立って歌えやしない。
(トシちゃんメドレーなら別だが)

結成15周年。
これまで、今、そしてこれからも。
たとえ顔ぶれが変わったとしても、皆のパワーでバンドは続く。

楽しいときにはいつも
君がそばにいてくれる
哀しいときにはいつも君の
くちづけに舞い上がる


いつか君と少しだけ話したい
Rain Girl
いつか君と少しだけ踊りたい
Rain Girl
いつか君と少しだけ眠りたい
Rain Girl



6月。

元春とは、3年4ヶ月振りの再会。

かけがえのない友と一緒に。

↑このページのトップヘ