yorozu_goto

そんな店主のひとりごと

2011年07月

Nightwalker
Nightwalker

1. Nightwalker
2. Seek and You Will Find
3. Put the Weight on My Shoulders
4. I Believe
5. Santa Rosa
6. Living Inside Myself
7. Stay With Me
8. Sally (She Says the Sweetest Things)


Gino Vannelli
1981年発売、代表作のひとつ。

濃いね、ルックスも歌も(笑)
日本で言えば布施明っぽいかしらん?歌い上げちゃうからね?。

でも音はAORで爽やか。
いや、全体としてはアダルトな雰囲気かな。
バックの演奏も素晴らしいね、ホント。
特にドラムのヴィニー・カリウタ(スティングとのセッションで有名)がイイ!
中でも2と5は圧巻。
とにかく大好きな一枚で、季節問わず聴きまくってる。

これね、大学のときに友人のNくんからおしえてもらった。
で、当時同じサークルに同期でKくんってボーカルがいて。
カレはホントに上手い人でさ、ルックスも男っぽくて皆から一目置かれる存在で。
そんな野郎が傍にいたら「このやろー」ってなるじゃない?
でも、意識こそしたけど尊敬のほうが強かった。

で、Nくんが「Kはさ、ジノ・バネリ好きで聴くらしいよ」と。
勉強の意味も含めて速攻で手に入れたね、このアルバム。
そんなワケで、これを聴く度に当時のことを思い出すんだ。
今ではたまにしか会えないけど、いつか一緒にステージに立つのが夢。

では上記アルバムから、タイトル曲の「Nightwalker」を。



アルバムの中では、バラードが最高!
車中でかけると思わず一緒に歌っちゃう。

あ、対向車を気にして口元は小さく…ね(笑)

2007年に購入した、Johnny,Louis&CharのLIVE DVD-BOX。
「REAL ROCK」

1970年代終わりに「アイドル出身のギター&ボーカル」のCharが、
ドラムのジョニー吉長、ベースのルイズ・ルイス加部と結成したROCK BAND。
それが、Johnny,Louis&Char。

この2枚のDVDには、1980年と1981年の日比谷野音でのライブを収録。
プラス、1979年の武道館ライブから50点以上選ばれた写真によるオリジナル写真集と、
当時の会報記事を再編集・再構成したヒストリー・ブック。
そして予約のみの特典としてこのDVDからの音源による7曲収録のCD。

REAL ROCK-1 REAL ROCK-2

ま、お腹いっぱいなワケだが、何と言っても問題はDVDの内容でしょ?
それがね…イイっ!!!

演奏に関して言えばね、粗い(と思う)。
最近のオジサマCharしか知らない人には「え?」ってなぐらい。
確かに現在の師匠のほうがギターも歌も完成度が高い。

が、しか~し…かっちょいいんであります!!!
オレね、ROCKは「かっこよくなきゃダメ」ってタイプなんです、実は。
(そのワリにはステージ上でおちゃらけますが^^;)
どんなにテクニックがあっても、又はルックスだけよくても、ダメ。

REAL ROCK-3 REAL ROCK-4

いや、誤解無きように言っとくと、プロなんだからこの当時も上手いです。
でもそういう意味じゃないんだな。
ルックスだけじゃ無く(単に見た目だけなら今のCharのほうがお洒落だし)、
この三人から漂う「やさぐれ感」「危うさ」がタマラナイ。

MCも何が言いたいんだか、よくわかんないもの(笑)
ある曲が始まった途端、Charがギター外して背後のアンプにぶつけてそのまま倒しちゃう。
で、その後何食わぬ顔で出てきて「世界最短の〇〇でした~」ってライブ続けちゃう。
そんなCharを「ざけんな!」じゃなく「ちゃーちゃん、アンプごとはマズイべ?ぷぷっ」
…みたいな表情で支えるリズム隊が、何とも素敵。

とにかく「あ~この人たちのカバーやっててヨカッタなぁ」という妙な満足感と、
「まだあの曲やって無いじゃん?」という残尿感(他に言い方は無いのかっ)
を、感じるのでありました。

長いなぁ、タイトル。
は、さておき。

2011年7月17日(日)
@ shibuya 7th FLOOR

もう3日も経ってしまったけど、バンド結成15周年の記念興行が無事に終了。
たくさんのお客さま、対バンの「ヨシコの動く城」の皆さん、お店のスタッフの方々。
そして…歴代も含めて全ての萬屋ファミリー(今はあえてこう呼ぼう)に感謝。

ただ一言。楽しかった!
で、ホッとした。よかった、無事に終えることができて。
なーんか、夢を見ているような、そんな一日だったなぁ。

20110717.jpg

このメモリアルなステージのメンバーは

Vo : 店主
Vo : YUKI(ゲスト)
Gt : Ami-chang
Gt : ISA
Ba : sim
Ds : 小雪ちゃん(サポート)
Sax : ヤノッチ(ゲスト)
モノマネ : たもっちゃん(ゲスト)

急遽サポートを引き受けてくれた小雪ちゃん、素敵なサックスを聴かせてくれたヤノッチさん、そして毎回萬屋の為に、ステージのみならず受付業務までこなしてくれるYUKIちゃん。
忘れちゃいけない、高校時代からの十八番であるルパンを披露してくれた、たもっちゃん!
本当に本当にありがとう。

そしてセトリはコチラ。

・ 第一部

1. 「Multiplies / YMO」
2. 「アンジェリーナ / 佐野元春」
3. 「モンロー・ウォーク / 南佳孝」
4. 「すべてはこの夜に / 吉川晃司」
5. 「ルパン三世のテーマ / 大野雄二(ピートマック・ジュニア)」

・ 第二部

1. 「Spinning Toe-Hold / Creation」
2. 「All Around Me / Char」
3. 「Georgy Porgy / TOTO」
4. 「Lonely Man / SHOGUN」
5. 「Saturday Night / Bay City Rollers」
アンコール 「ヘビーローテーション / AKB48」


どう?この節操の無さ(笑)
これぞ、萬屋!ではないでしょうか。
あ、ちなみにAKBもオレが歌いました。3音下げて^^


今回を以って、Baのsim、GtのAmi-changが、バンドから一旦お別れ。
勿論寂しさはあるけど、またいつか共にステージに立つ日を楽しみに…。

萬屋はこれからも続いていきます。
次は…16周年か?(20じゃないんかいっ)

↑このページのトップヘ