yorozu_goto

そんな店主のひとりごと

2012年07月

2012年7月21日(土)
TRICERATOPS "15TH ANNIVERSARY TOUR" @日比谷野外大音楽堂

01. GOING TO THE MOON
02. I GO WILD
03. シラフの月
04. if
05. MILK & SUGAR
06. Siily Scandals
07. FEVER
08. プレゼント
09. Walk In The Park
10. 仲直り
11. Fly Away
12. MIRROR w/improvisation
13. NEW HAYASHI & YOSHIFUMI GROOVE!!
14. SHORT HAIR
15. Jewel
16. ROCK MUSIC ~メドレー~

ENCORE 1
17. 僕らの一歩
18. Raspberry

ENCORE 2
19. トランスフォーマー

野音120721

トライセラのライブは今回が初。
この日はデビューしてちょうど15年の記念日、そして初の単独野音公演。
メンバーにもファンにも特別な夜は、曇り空を何とか終演まで維持。
オレの雨男の異名は返上か!?
最近では珍しくお一人さまでの参戦。
席はC14列の左側。缶チューハイ一本呑み終えると同時に開演時間。
これまでCDやPV映像で接してきた三人が目の前(には遠かったけど)に。
それだけでテンション上がっちゃうよね。

1曲目の「GOING TO THE MOON」、オレがトライセラを聴き始めたきっかけの曲。
まずその音のブ厚さに圧倒された。単純な表現だが、ホント三人とは思えない。
次に、和田氏の歌について。
ギターを弾きながら(ソロも多い)…にも拘わらず、しっかり、丁寧に歌っていた。
これって“歌モノ”重視のロックバンドに措いてはとても重要なことだと思う。
そしてギタープレイ。予想以上(失礼!イイ意味でね)に心揺さぶってくれた。
日本のロックバンド、ギターボーカリストの上位に選ばれるべきだ!と。
(ギターアクションを見て一瞬アンガスを思い浮かべてしまった。オレだけ?^^;)
支えるベースの林氏、ドラムの吉田氏のリズム隊も素晴らしかった。
特に吉田氏のドラミング、音、間合い。好きだなぁ。

中間にアコギセットで数曲。
その中で一番グッときたのが「仲直り」だった。
収録アルバム「LOVE IS LIVE」を持っていない為、初聴きだったのだけど、
一言一言噛み締めるように歌う、その歌詞に思わずウルっと。
こういう胸キュン(死語?)なのやられちゃうと弱いんです、野郎なのに(笑)

大好きな「Jewel」から続いての本編ラストは「ROCK MUSIC」で盛り上がる。
「Day Tripper」「Satisfaction」「Superstition」「Walk This Way」
「Bohemian Rhapsody」の美味しいところを織り交ぜての構成にニヤリ。
嬉しいよね、オレたち世代に優しい(笑)サービスタイム。
いや、実は本人たちが一番楽しんでいるんだろうな。

二度目のアンコール「トランスフォーマー」では観客が大合唱。
オレも喉が枯れるんじゃないかってほど歌ったよ。
音程が高いから男性客にはキツくてオクターブ下で歌っている人が多い中、
オレは頑張ったぞ! ※最後はひっくり返ってた(笑)


最初から最後まで、ずっと笑顔。大満足なライブ。
ただひとつ気になったこと。
客席の女子率がめっちゃ高くて、女性が「キャー」ってなるのもよーく解った。
でも…男子率、もっと高くてもいいんじゃね?と。
こんなに完成度が高くて、発散できて、キュンってなれるステージ、そうそう無いよ。
迷っている方は是非次の機会に会場に足を運んで欲しい。

行って良かった。
心からそう思える素敵な時間だった。
ありがとうトライセラトップス! これからも応援していきます。

ライブ初参戦して、やっと胸張ってファンだと言える、そんな感じ(笑)

キャント・ストップ・ドリーミング
Can't Stop Dreaming

1. Can't Stop Dreaming
2. Let Me Be the One
3. Something About You
4. Cab Driver
5. Never Let Me Go
6. Holding Out for Love
7. Justify
8. What's in Your World
9. Hold on to Me
10. She's Gone
11. All by Myself
12. Fools Rush In


Daryl Hall
1996年発売、4枚目のソロ・アルバム。

昨年11月にダリルの最新アルバムの記事を書いた。
その15年前にリリースされ、オレのハートを鷲掴みにして今も離さない一枚。
自分にとって大事な人に「このアルバム聴いてみて?!」と渡すなら絶対コレ。
「無人島に一枚だけ持っていくとしたら?」の対象もコレ。
そのぐらい、オレの音楽人生の中で最重要アルバムなんだなぁ。

初めから終わりまで。
その全てが素晴らしく、飽きさせない一枚。
そんな中でも特にお気に入りなのが8曲目の「What's in Your World」
ロマンティックなメロディーは何度聴いてもウットリしてしまう。
シングルカットされ、タバコ(パーラメント)のCMにも使用されたんだよね。

では上記アルバムから、その「What's in Your World」をライブ・バージョンで。



これは1996年12月8日に恵比寿ガーデンホールで行われたもの。
行きたかったなぁ。
何を差し置いても行けばよかった。と、今ではそう思う。

これからもずっと、ダリルの歌声に恋し続けるだろうな^^

↑このページのトップヘ