yorozu_goto

そんな店主のひとりごと

2013年07月

一昨日、7月21日(日)
バンドのリハスタ。

20130723112851830.jpg

11月のライブに向けて、曲も一応決まった。
和洋折衷、相変わらずの雑食(笑)
ま、ウチらしいっちゃそうなんだけど。


リハ後、simちゃん、NAKAYAMAくん+友人のワカさんと呑み。
あまりに楽しくてちょいと呑み過ぎてしまったよ。

その後、simちゃん、ワカさんと共にラーメン屋、圓さんへ。
オレは煮干ら~めんを注文。

20130723112849f13.jpg

美味しかったなー^^
特にスープは飲み干してしまうほど。
また行きたいお店です。

2013年7月7日(日)

kainatsu LIVE 2013 ~ It's my LiFEWORK ~
@ Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE


kainatsu
ちゃんのワンマンライブに初参戦。
5月に発売されたアルバム「LiFEWORK」の曲中心のレコ発も兼ねて。

LiFEWORK(初回限定盤)(DVD付)
LiFEWORK(初回限定盤)(DVD付) [CD]


同行者はお友だちのワカさん。
彼もまた、なっちゃんのライブは初。
2月のすかんちライブ時と同じ、渋谷駅ハチ公口緑バス前で待ち合わせ。
会場もお初だったが、道玄坂沿い109隣りのビルだったのですぐに分かった。

kainatsu130707_1 kainatsu130707_2

まずは受付向いに設置されたテーブルで、アンケート回答。
普通はライブ後に感想を…なんだけど、新譜に関して書いてくださいとのこと。
今回初参戦ということ、気になる曲、自分の「LiFEWORK」について記入。

入場後、1ドリンクで選んだのは黒ビール(ワカさんも同じ)
冷房の効いた会場内、席は前から7列目のほぼ真ん中。
ゆったりめの椅子は座り心地がとてもイイ感じ。
こんな素敵なホールで、しかもスタンディングではなく観ることができるなんて!
始まる前からテンションが上がる。

メンバーの田口さん(ギター)、須磨さん(バイオリン)に続いて、
なっちゃん(ピアノ・ギター)登場。か、かわいい!(そこかいっ)
そう、今回はバンド編成ではないのだ。
ソファーが置いてあるオシャレな舞台。
曲によってはお休みのメンバーさんが本を読んでくつろいだりして、面白い演出。

アルバムタイトル曲で静かに始まったライブ。
ホール会場に座って…もあってか、お客さん少々緊張気味?
途中、なっちゃんも「静かだね~^^;」なんて。
それでもギター抱えてのアップテンポな曲では皆笑顔で盛り上がっていた。
そうそう、なっちゃんの「どちらから?」の問いに静岡からのお客さんがめっちゃ多かった!
毎週ラジオの生レギュラーがある、第二の故郷だもんね。しかしホントに多くてビックリ。

初めての生歌。
なっちゃんの歌声は、想像していた以上に素晴らしく心に響いた。
そして、CD音源のそれよりもはるかに強く深く染み込んでくる歌詞。
びくっと身体が思わず震えてしまうことが数回。
ポップなメロディーと、決して流れてしまわない言葉。
その絶妙なバランスが彼女の魅力のひとつ、なんだなぁと再認識。

支えるメンバーさんお二人も素晴らしかった。
特に須磨さんのバイオリン!
今回初参加とのことだが、なっちゃんの歌の世界にすっごくマッチしていて。
この編成でのステージ、是非また観てみたいと思った。

アンコール時、開演前に書いたアンケートをスタッフさんがなっちゃんに手渡す。
もしかして読まれるかも?なーんて淡い期待。
すると…「今回初参戦です、って書いてくれていますね~」と、なっちゃん。
え?もしかしてオレ?
その後「私のLiFEWORKは…アマチュアバンドを続けていくこと、だそうです」
やっぱりそうだー!思わずその場で手を挙げたくなった(笑) 

で、まさかの連続。
会場を後にしてから明らかになったのだが、同行したワカさんの回答も読まれたとのこと。
時間の関係上、数枚しか読まれない内の中にオレとワカさんが…すごい確率。
嬉しかったなーと思う反面、自分はもうちょっと丁寧に書いときゃよかったとも(笑)

秋にツアー(大阪・名古屋・東京)決定のお知らせもアリ。
「生業としてこれからもずっと歌っていきたい」
そんな主旨の覚悟を、なっちゃん自身が宣言していたね。
これからも応援するよ。機会を作って素敵な歌声、聴きに行きます! 


ライブ後はワカさんと新宿の居酒屋さんで、オレの終電時間まで呑み。
楽しい時間を過ごすことができた。 
ただ、最近お疲れ気味のワカさんをつきあわせてしまって申し訳なかったなぁ、と。
早く体調がよくなりますように。またご一緒しましょう。 

↑このページのトップヘ