2016年3月26日(土)
@ 東京国際フォーラム ホールA

佐野元春35周年アニバーサリー・ツアー ファイナル(初日)
佐野元春&THE COYOTE GRAND ROCKESTRA

…もっと早く書きなさいよ、と何処からか聞こえるけど、それはさておき(笑)
行ってきました、元春35周年!
同行者は、お馴染み(?)わかちこさん♪

当日、本来なら有楽町駅で待ち合わせ、ゆっくり一杯やるつもりだったのだが。
店主が選んだ高速バスが運悪く事故渋滞に巻き込まれ~。
それでも何とか会場近くのリンガーハットにて生ビールで乾杯!(ちゃんぽんは食わず)
ホロ酔い気分(←店主だけ。わかさんは強いのだ)で会場入り。
1階28列34・35番、ちょうど真ん中あたり?

2016032601

ここで、セトリ。

01. シュガータイム
02. 優しい闇
03. ジュジュ
04. ヴィジターズ
05. カム・シャイニング
06. ワイルド・ハーツ
07. バルセロナの夜
08. すべてはうまくいかなくても
09. ポーラスタア
10. 君をさがしている
11. 希望
12. 境界線
13. La Vita e Bella
14. バイ・ザ・シー
15. 紅い月
16. 私の太陽
17. 東京スカイライン
18. ボヘミアン・グレイブヤード
19. レインボー・イン・マイ・ソウル
20. 誰かが君のドアを叩いてる
21. ヤング・フォーエバー
22. 星の下 路の上
23. 世界は慈悲を待っている
24. ジャスミンガール
25. ヤングブラッズ
26. 約束の橋
27. サムデイ
28. ロックンロール・ナイト
29. ニュー・エイジ
30. アンジェリーナ

Encore 1
31. スターダスト・キッズ
32. ダウンタウン・ボーイ

Encore 2
33. グッドバイから始めよう
34. 国のための準備
35. 悲しきレイディオ~メドレー

…どーっすか!
新旧入り混じっての35曲!!!
だって、3年前のフォーラムが22曲、30周年のときでさえ25曲だったんだよ。 
もうね、このボリュームに只々圧倒されました。
休憩もほとんど無く、ほぼノンストップ。
時折元春から「みんな…大丈夫?」と訊かれる度に「貴方は鉄人かっ」と(^^;)

まず、1曲目のシュガータイムでKOされた我々二人。
生の元春は24年振りだと言う、わかさん。
1曲1曲、それぞれのイントロで「おー!!!」と歓喜の雄叫び。
嬉しいよねぇ。
お誘いした方がこういう反応してくれると、それだけでテンション上がる。 

10曲目の「君をさがしている」以外は、オリジナル音源に近い演奏。
それだけにコヨーテバンドメンバーと共に作った最近作の曲たちがクッキリ浮き上がる感じ。
勿論、いい意味で「これが現在進行形の僕たちの音なんだ」と。
演者側もそれを楽しんでいるかのようで。

実はライブが始まってすぐ、店主の勝手な想像が頭を過った。
「もしかしたら、そろそろ元春はライブ活動をやめてしまうのかも。 創作活動に絞って…」
なーんて。
正直、ツアーの疲れからか「声」は開演時から悲鳴をあげているようにも感じたしね。
でもそんなくだらない危惧は、元春の軽やかなステップで蹴散らされた。

ステージ後半から元春の歌声に力強さが戻ってくる。
すごいな。やっぱりこの人はすごい。
ちゃーんとオーディエンスを楽しませてくれる。興奮させてくれる。
ここに来たことを決して後悔させない。
感動で涙がこぼれそうになったもの(都合3回)

ライブが盛り上がる中、天井から落ちてきたたくさんの風船。
子供のように喜んでソレを手にしたオレは、終演後わかさんと東京駅へ。

2016032602

お店で呑む時間的余裕が無かったので、チーちくを肴に缶ビール(ウソ。発泡酒)で乾杯。
駅の構内、最初はちょっと通行人の目が気になったけど、次第に忘れるボクたち(笑)
店主の最終発車ギリギリまで、つきあってくれたわかさんに感謝!
いつもいつもありがとう(^o^)/


そして、翌日の大魔王さま祭りへと続くのだが、
…それはまた別のお話(どこかで聞いたフレーズ)