yorozu_goto

そんな店主のひとりごと

カテゴリ: ライブ参戦

Char (竹中尚人)

Char

このギタリスト&ボーカリストのライブに通い始めて25年。
形としてはバンド、ユニット、ソロetc.と変わるけど、
Charに会いたくて…の思いはずっと変わらない。

これまでの参戦歴を公開してみよう。

・・・・・・・・・・

1991.05.02  PINK CLOUD “BRAIN MASSAGE 2ND” @NHKホール
1992.04.11  PSYCHEDELIX First Tour “Move On” @渋谷CLUB QUATTRO
1993.03.14  BAHO @日清パワーステーション
1993.09.19  PINK CLOUD EDOYA ROCK FES. @日比谷野外大音楽堂
1994.03.20  PSYCHEDELIX THE LIVE 1994 @渋谷公会堂
1994.09.16  PINK CLOUD @日本武道館
1994.09.17  JLC FREE SPIRIT @日比谷野外大音楽堂
1994.11.23  PSYCHEDELIX ONE SIZE FITS ALL @渋谷ON AIR EAST
1994.12.11  同上 @新宿リキッドルーム
1995.01.06  BAHO 新春特別興行 @中野サンプラザホール
1996.11.15  Char 20th Anniversary ERECTRIC GUITAR CONCERT @日本武道館
1997.08.02  Char パルテノン多摩サマーライブ’97 @多摩中央公園
1997.10.25  PINK CLOUD MUSIC BAZAAR IN 野音 @日比谷野外大音楽堂
1998.08.12  Char Char’98 Today @渋谷公会堂
1998.08.13  同上
1998.12.10  Char Char’98 Live Tour “LET IT BLOW” @NHKホール
1999.06.06  BAHO Acoustic Revolution 1999 @日比谷野外大音楽堂
1999.07.31  Char Char’99 「Chance」 @赤坂BLITZ
1999.12.21  CBA Char’99 “Art Sphere special” @アートスフィア
1999.12.22  同上
1999.12.25  CBA Char Special Live Tour @日本武道館

2000.10.22  Char Char Live Tour 2000 @渋谷公会堂
2001.10.31  Char The 25th Anniversary Live Tour ~BAMBOO JOINTS~ @日本武道館
2002.07.13  Char 2002 THE TOUR @日比谷野外大音楽堂
2003.06.26  Char LIVE TOUR 2003 ~Two Different Nights~ @渋谷公会堂
2003.06.27  同上
2004.01.17  Char Char コンサート Mr.70's - You set me free - @アートスフィア
2004.09.12  Char Live Tour 2004 “No generation Gap” @日比谷野外音楽堂
2005.07.23  Char @日比谷野外音楽堂
          ⇒ 直前に地震。電車止まった!開演遅れた!
2006.12.30  Char 『since1976』 @SHIBUYA-AX
2007.01.20  Char “SUPER SOUL SESSIONS” @日本武道館
2007.06.24  Char Char 2007 Live Tour 「Flying Toy's」 @日比谷野外音楽堂

2011.04.23  Char TRADROCK “Char” by Char @日比谷野外音楽堂
2011.05.01  Char ギター・マガジン・フェスティバル @TOKYO DOME CITY HALL
2011.10.14  Char Char 2011「TRADROCK by Char」 @小金井市民交流センター
2012.04.21  Char @日比谷野外大音楽堂
2012.12.01  Char Char 2012 Tour "TRADROCK" by Char @立川市市民会館(アミューたちかわ)
2013.04.14  Char @日比谷野外大音楽堂
2013.12.29  Char Char 3 Nights @EX THEATER ROPPONGI
2014.02.01  Char Char 2014 TRADROCK Tour @静岡市民文化会館
2014.02.14  Char Char 2014 TRADROCK Tour @コラニー文化ホール
          ⇒ 大雪!!!Charもなかなか甲府を出られなかったようで。
2014.12.30  Char Char the Recital “リサイタル” 2014 @EX THEATER ROPPONGI
          ⇒ チケットは取れたが、体調不良で参戦出来ず。残念!
2015.06.15  Char ―The 六十th Anniv.― “ROCK十” CHAR LIVE IN 日本武道館 @日本武道館
2016.05.15  Char Char Special Live @武田神社 甲陽武能殿
NEW!
2016.06.25  Char Char Special Live @オーチャードホール

・・・・・・・・・・

それぞれにいろんな思い出がある。
これからも、Charの奏でる音楽に包まれていたい!

2016年3月26日(土)
@ 東京国際フォーラム ホールA

佐野元春35周年アニバーサリー・ツアー ファイナル(初日)
佐野元春&THE COYOTE GRAND ROCKESTRA

…もっと早く書きなさいよ、と何処からか聞こえるけど、それはさておき(笑)
行ってきました、元春35周年!
同行者は、お馴染み(?)わかちこさん♪

当日、本来なら有楽町駅で待ち合わせ、ゆっくり一杯やるつもりだったのだが。
店主が選んだ高速バスが運悪く事故渋滞に巻き込まれ~。
それでも何とか会場近くのリンガーハットにて生ビールで乾杯!(ちゃんぽんは食わず)
ホロ酔い気分(←店主だけ。わかさんは強いのだ)で会場入り。
1階28列34・35番、ちょうど真ん中あたり?

2016032601

ここで、セトリ。

01. シュガータイム
02. 優しい闇
03. ジュジュ
04. ヴィジターズ
05. カム・シャイニング
06. ワイルド・ハーツ
07. バルセロナの夜
08. すべてはうまくいかなくても
09. ポーラスタア
10. 君をさがしている
11. 希望
12. 境界線
13. La Vita e Bella
14. バイ・ザ・シー
15. 紅い月
16. 私の太陽
17. 東京スカイライン
18. ボヘミアン・グレイブヤード
19. レインボー・イン・マイ・ソウル
20. 誰かが君のドアを叩いてる
21. ヤング・フォーエバー
22. 星の下 路の上
23. 世界は慈悲を待っている
24. ジャスミンガール
25. ヤングブラッズ
26. 約束の橋
27. サムデイ
28. ロックンロール・ナイト
29. ニュー・エイジ
30. アンジェリーナ

Encore 1
31. スターダスト・キッズ
32. ダウンタウン・ボーイ

Encore 2
33. グッドバイから始めよう
34. 国のための準備
35. 悲しきレイディオ~メドレー

…どーっすか!
新旧入り混じっての35曲!!!
だって、3年前のフォーラムが22曲、30周年のときでさえ25曲だったんだよ。 
もうね、このボリュームに只々圧倒されました。
休憩もほとんど無く、ほぼノンストップ。
時折元春から「みんな…大丈夫?」と訊かれる度に「貴方は鉄人かっ」と(^^;)

まず、1曲目のシュガータイムでKOされた我々二人。
生の元春は24年振りだと言う、わかさん。
1曲1曲、それぞれのイントロで「おー!!!」と歓喜の雄叫び。
嬉しいよねぇ。
お誘いした方がこういう反応してくれると、それだけでテンション上がる。 

10曲目の「君をさがしている」以外は、オリジナル音源に近い演奏。
それだけにコヨーテバンドメンバーと共に作った最近作の曲たちがクッキリ浮き上がる感じ。
勿論、いい意味で「これが現在進行形の僕たちの音なんだ」と。
演者側もそれを楽しんでいるかのようで。

実はライブが始まってすぐ、店主の勝手な想像が頭を過った。
「もしかしたら、そろそろ元春はライブ活動をやめてしまうのかも。 創作活動に絞って…」
なーんて。
正直、ツアーの疲れからか「声」は開演時から悲鳴をあげているようにも感じたしね。
でもそんなくだらない危惧は、元春の軽やかなステップで蹴散らされた。

ステージ後半から元春の歌声に力強さが戻ってくる。
すごいな。やっぱりこの人はすごい。
ちゃーんとオーディエンスを楽しませてくれる。興奮させてくれる。
ここに来たことを決して後悔させない。
感動で涙がこぼれそうになったもの(都合3回)

ライブが盛り上がる中、天井から落ちてきたたくさんの風船。
子供のように喜んでソレを手にしたオレは、終演後わかさんと東京駅へ。

2016032602

お店で呑む時間的余裕が無かったので、チーちくを肴に缶ビール(ウソ。発泡酒)で乾杯。
駅の構内、最初はちょっと通行人の目が気になったけど、次第に忘れるボクたち(笑)
店主の最終発車ギリギリまで、つきあってくれたわかさんに感謝!
いつもいつもありがとう(^o^)/


そして、翌日の大魔王さま祭りへと続くのだが、
…それはまた別のお話(どこかで聞いたフレーズ) 

昨夜は文学館で行われた柳家喬太郎師匠の独演会へ。

文学館20150724

入場前に虹が出ていたんでパチリと。


虹20150724

小泉八雲の怪談をベースに…な落語会。

師匠が「今夜、こういう形でって知らずにいらっしゃった方は?」と問うと、かなりの数の手が挙がりビックリ。

それで内容変えるワケは無いんだけど(笑)


喬太郎師匠

演目は「まんじゅうこわい」~小泉八雲作「梅津忠兵衛」

仲入り後、小泉八雲作「雉政談」でお開き。


一本目の「まんじゅう…」では、まんじゅうの他に甲州銘菓・信玄餅も登場。

包装を開けるところから、きな粉&黒蜜がこぼれ「食べにくい!」と文句を言うところまで、それはそれは可笑しかった。

「こういう芸は昇太には出来ない」にも場内大爆笑で。
(あ、これはオフレコだった!笑) 

このへんの柔軟さが師匠の持ち味なんだろうな。


八雲作品に関しては、笑いを時折入れるものの全体的には重苦しい雰囲気。

慣れていない自分にとっては、どういう心持ちで受け止めたらいいのか最後まで戸惑いながら…だった気がする。

何かが胸の奥にひっかかったような後味。

でもそれがまた面白いと感じた、夏の夜でありました。

↑このページのトップヘ