yorozu_goto

そんな店主のひとりごと

カテゴリ:邦楽 > 佐野元春

2016年3月26日(土)
@ 東京国際フォーラム ホールA

佐野元春35周年アニバーサリー・ツアー ファイナル(初日)
佐野元春&THE COYOTE GRAND ROCKESTRA

…もっと早く書きなさいよ、と何処からか聞こえるけど、それはさておき(笑)
行ってきました、元春35周年!
同行者は、お馴染み(?)わかちこさん♪

当日、本来なら有楽町駅で待ち合わせ、ゆっくり一杯やるつもりだったのだが。
店主が選んだ高速バスが運悪く事故渋滞に巻き込まれ~。
それでも何とか会場近くのリンガーハットにて生ビールで乾杯!(ちゃんぽんは食わず)
ホロ酔い気分(←店主だけ。わかさんは強いのだ)で会場入り。
1階28列34・35番、ちょうど真ん中あたり?

2016032601

ここで、セトリ。

01. シュガータイム
02. 優しい闇
03. ジュジュ
04. ヴィジターズ
05. カム・シャイニング
06. ワイルド・ハーツ
07. バルセロナの夜
08. すべてはうまくいかなくても
09. ポーラスタア
10. 君をさがしている
11. 希望
12. 境界線
13. La Vita e Bella
14. バイ・ザ・シー
15. 紅い月
16. 私の太陽
17. 東京スカイライン
18. ボヘミアン・グレイブヤード
19. レインボー・イン・マイ・ソウル
20. 誰かが君のドアを叩いてる
21. ヤング・フォーエバー
22. 星の下 路の上
23. 世界は慈悲を待っている
24. ジャスミンガール
25. ヤングブラッズ
26. 約束の橋
27. サムデイ
28. ロックンロール・ナイト
29. ニュー・エイジ
30. アンジェリーナ

Encore 1
31. スターダスト・キッズ
32. ダウンタウン・ボーイ

Encore 2
33. グッドバイから始めよう
34. 国のための準備
35. 悲しきレイディオ~メドレー

…どーっすか!
新旧入り混じっての35曲!!!
だって、3年前のフォーラムが22曲、30周年のときでさえ25曲だったんだよ。 
もうね、このボリュームに只々圧倒されました。
休憩もほとんど無く、ほぼノンストップ。
時折元春から「みんな…大丈夫?」と訊かれる度に「貴方は鉄人かっ」と(^^;)

まず、1曲目のシュガータイムでKOされた我々二人。
生の元春は24年振りだと言う、わかさん。
1曲1曲、それぞれのイントロで「おー!!!」と歓喜の雄叫び。
嬉しいよねぇ。
お誘いした方がこういう反応してくれると、それだけでテンション上がる。 

10曲目の「君をさがしている」以外は、オリジナル音源に近い演奏。
それだけにコヨーテバンドメンバーと共に作った最近作の曲たちがクッキリ浮き上がる感じ。
勿論、いい意味で「これが現在進行形の僕たちの音なんだ」と。
演者側もそれを楽しんでいるかのようで。

実はライブが始まってすぐ、店主の勝手な想像が頭を過った。
「もしかしたら、そろそろ元春はライブ活動をやめてしまうのかも。 創作活動に絞って…」
なーんて。
正直、ツアーの疲れからか「声」は開演時から悲鳴をあげているようにも感じたしね。
でもそんなくだらない危惧は、元春の軽やかなステップで蹴散らされた。

ステージ後半から元春の歌声に力強さが戻ってくる。
すごいな。やっぱりこの人はすごい。
ちゃーんとオーディエンスを楽しませてくれる。興奮させてくれる。
ここに来たことを決して後悔させない。
感動で涙がこぼれそうになったもの(都合3回)

ライブが盛り上がる中、天井から落ちてきたたくさんの風船。
子供のように喜んでソレを手にしたオレは、終演後わかさんと東京駅へ。

2016032602

お店で呑む時間的余裕が無かったので、チーちくを肴に缶ビール(ウソ。発泡酒)で乾杯。
駅の構内、最初はちょっと通行人の目が気になったけど、次第に忘れるボクたち(笑)
店主の最終発車ギリギリまで、つきあってくれたわかさんに感謝!
いつもいつもありがとう(^o^)/


そして、翌日の大魔王さま祭りへと続くのだが、
…それはまた別のお話(どこかで聞いたフレーズ) 

2013年2月23日(土)
バンドメンバーのNくんと有楽町駅で待ち合わせ、東京国際フォーラムへ。
(あ、その前にちょこっと呑みましたが^^;)

初のコヨーテバンド、しかもファイナル公演。
わくわくしながら開演を待つ。

演奏陣は、
深沼元昭:G
藤田顕:G
高桑圭:B
小松シゲル:D
渡辺シュンスケ:Key

席は1階36列の左側。
あらためて国際フォーラムはデカイと感じる。

2e3375e1.jpg

ここでセトリを。

01. COYOTE Theme 2013
02. アンジェリーナ
03. スターダスト・キッズ
04. ダウンタウンボーイ
05. 星の下 路の上
06. 夜空の果てまで
07. 世界は慈悲を待っている
08. 虹をつかむ人
09. La Vita e Bella
10. ポーラスタア
11. 彼女
12. ワイルド・ハーツ
13. ハートビート
14. コンプリケイション・シェイクダウン
15. 99ブルース
16. ナポレオンフィッシュと泳ぐ日
17. 約束の橋
18. ロックンロール・ナイト
19. サムデイ
20. ヤングブラッズ

ENCORE
21. ジュジュ
22. 悲しきレイディオ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

往年のヒット曲は勿論、コヨーテバンドとしてレコーディングしたアルバム「COYOTE」、
元春の誕生日でもある3/13にリリースの「ZOOEY」(ゾーイー)からの曲も織り交ぜて。
(ゾーイーとは、元春の今は亡き友人のことだとか)

同行したNくんとの共通の感想。
とにかく新譜の曲がどれも皆素晴らしい!
メロディーも構成も歌詞の世界も、全て。
これまでよりもストレートさ(単純とは意味合いが違う)が強く出ている気がした。
語数の多さで説明するのではなく、聴き手に想像するスペースを与えてくれる。
とても解り易く心にスッと入ってくると同時に、深い。味わい深い。
これはアルバムが楽しみだ、と素直に感じた。

演奏陣も皆凄腕の方々で、安心して身を委ねられた。
それでもHKBと比べるとロック!感が強いかな。そこがまたいいんだけど。
個性の違うツインギターのバランスもよかった。
そして特に印象に残ったのは鍵盤の渡辺氏。
元春オールディーズが彼のタッチで新たな魅力に包まれていた。
ソロプロジェクトもあるようなのでチェックしていきたい。

この日、一番心にグッときた元春のMC。
会場に居るKIDSに向けての言葉だ。
(ちなみに今回のツアー、18歳以下はフリーだったのだ。

キッズたち、よく聞いて。
大人たちは「景気が悪い」とか「未来はない」と嘆くけど、
未来はあるよ。希望はあるよ。
大人たちの言うことなんて聞かなくても大人になれる。
どんな大人になれるかって? 僕を見て!

会場は大きくて温かい拍手と、たくさんの笑顔。なんて素敵なメッセージ。
大人(見た目は)のオレも、思わず「うんうん」って何度もうなづいたもの。
この呼びかけ時、斜め前方でお父さんに肩車されて聞いていた男の子。
彼の胸にはどんな風に届いただろう。

終演後、会場を後にしながらNくんと約束。
「新譜をじっくり聴いて、ツアーがあったらまた来ようね」と。

元春、そしてコヨーテバンド。素晴らしい夜をありがとう!

2011年6月19日(日)
@ 東京国際フォーラム ホールA

佐野元春30周年アニバーサリーライブ・ファイナル
'All Flowers In Time' 東京/大阪

…に、参加して来ました。

昨年夏から始まった、30周年アニバーサリー・ツアー。
Part 1.では、井上鑑氏とのスポークンワーズ・セッション。
Part 2.では、ザ・コヨーテ・バンドとのクラブ・サーキット・ツアー。
そしてPart 3.では、お馴染みザ・ホーボー・キング・バンドとの全国ツアー。
そのファイナルが大阪と東京で。

実は、当初東京公演は3月12・13日だった。
震災の影響で中止…ではなく延期・振替公演の発表。
3月12日→6月18日、3月13日→6月19日と。
オレは3月13日のチケットを持っていた。
そう、元春55歳の誕生日でもあった、その日の。

大学時代からの友人、Nくんと有楽町で待ち合わせ。
開場(15:00)まで1時間半ほどあったので、会場近くで軽く(?)一杯。
30分前に会場入り。
ロビーには元春の優しげな顔アップの大きな垂れ幕。
「ようこそ。いらっしゃい」と言われているようで。

110619

16:00を少し回ったところで開演。
曲目・曲順等、予備知識無しでの今回のライブ。
「一曲目は何かな?」とわくわく。
バンドのインスト~演奏されたのは「君をさがしている」
ガツーン!としたものよりも「これから始まる感」の素敵なイントロダクション。

その後、多少MCは入るものの、ほとんどノンストップでの演奏。
「ガラスのジェネレーション」「TONIGHT」「99ブルース」etc.
馴染みの曲たちも、気のせいかいつも以上にキラキラしている。

オレがこの日、一番グッときたのが「欲望」
長田進氏のギターが暗い会場に響き渡り、元春の叫びに近い一節一節。
その、心を揺さぶる力強さにリズムを取ることもなくただ立ちすくむオレ。
圧倒されるとはこのことか。

「ジュジュ」や「レインガール」は、セルフカバーアルバム「月と専制君主」バージョン。
モータウンやJazzの雰囲気が、ほんわかとしたキモチにさせてくれた。
ワイングラスでもかたむけながら…なんて思うぐらいお洒落なアレンジ。
(やっぱり酒、か(^^;))

「Rock & Roll Night」でのシャウトでは、3年前の感動を。
と同時に「あのときよりパワーが増しているのでは?」とさえ。
若かりし頃のがむしゃらさはセーブされ、見事にコントロールされている。
それなのにドラマティックな要素は決して薄れてはいない。

そして「SOMEDAY」
一緒に歌いながら、何度も涙がこぼれそうになった。
学生時代~現在に至るまで、数多くの思い出と共にずっとあった曲。
演奏前に元春が、「この曲を発見してくれた皆に感謝します」と。
「これは皆の曲です!」と言った後に「…やっぱりボクの曲だ!」って2回も(笑)
そんな悪戯っ子みたいなところがまた、何とも素敵な人。

「悲しきRADIO」からいつものパターンで、観客とのかけあいへ。
アンコールはデビュー曲の「アンジェリーナ」1曲で。
トータル3時間の、中身の濃いライブだった。


震災に関してのコメントがあるかな?と思っていたら、本編中に一言だけ。
「東北のファンの人たちからメールをもらって…今日は来てくれているんだ」と。
すると、静かに、そして次第に大きくなる拍手。
ただただ力強いエールが、数十秒間続いた。
余計な言葉は要らない。そんな気がして、胸が熱くなった。
元春の言葉を借りて言えば「ここに嫌なやつは一人もいないぜ!」だね。

「何かマシなことを言おうと思ったんだけど…たいてい変なこと言ってしまったりするので」
と、苦笑しながらメモを取り出す元春。

このあてのない人生に、音楽があることを感謝。
音楽なんて、なくたって生きてゆけるけれど、音楽があったおかげで、
こんなにも見える景色が広がりました。
若葉の頃から始まった音楽の旅は、得たり失くしたりを繰りかえしながら、
ようやくここまで、やってきました。
あらためて、これからもずっと、
僕の持てる音楽の情熱の限りをみなさんに捧げたいと思います。

「僕の音楽と共にいてくれてありがとう。これからもよろしくお願いします」
で、締め括られた挨拶。
思わず「こちらこそ!だよな~」と声を出して返すオレ。頷くNくん。

そうそう、大阪では大勢のゲストだったようだが、東京は一人のみ。
元・ホーボー・キング・バンドのギタリスト・佐橋佳幸氏。やはり上手いっ。
長田氏との絡みも嬉しくて、何だかニヤニヤしてしまった。
メンバー紹介では、ツアーの裏方さんも全員フルネームで紹介。
ローディーさんと抱き合う姿に、ジーンとこみ上げるものがあったなぁ。

終演後、Nくんと帰りの電車時間まで打ち上げ@居酒屋。
彼曰く「声がどうとか聞いていたけど、全く問題ない。今の歌い方も好きだな」と。
しばらく離れていた彼と元春との距離がまた近づいたようで、誘ってよかった!と思ったよ。


佐野元春は過去の人ではない。
昨日より今日、そして今日よりも明日の人なんだと再認識。

以上、長くなりましたが、夢のような、特別な日でありました。

最後にセトリ!

01. Them Changes
02. 君をさがしている(朝が来るまで)
03. ハッピーマン
04. ガラスのジェネレーション
05. TONIGHT
06. カム・シャイニング
07. COMPLICATION SHAKEDOWN
08. 99ブルース
09. 欲望
10. ナポレオンフィッシュと泳ぐ日
11. ジュジュ
12. 月と専制君主
13. レインガール
14. spider code
15. ヤングブラッズ
16. 観覧車の夜
17. 君を連れてゆく
18. Rock & Roll Night
19. 約束の橋
20. ヤングフォーエバー
21. ニュー・エイジ
22. 新しい航海
23. SOMEDAY
24. 悲しきRADIO

25. アンジェリーナ

↑このページのトップヘ